インドネシアと日本では数字、時間に対する考え方が大きく違います。日本ビジネスシーンでは当然のことでも、インドネシア人からみると普通のことではありません。それが良いか悪いかではなく、インドネシアでビジネスをする以上はインドネシア流に合わせる必要があります。

時間厳守は求めてはいけない

  “ゴムの時間” と。時間を守る観念が薄いです。

渋滞の被害は覚悟

交通渋滞は“やむを得ない災害だ”という考えをもっています。つまり交通渋滞を想定して早めに行動することがありません。

数学的なスキルは強く期待しない

総じて数字(算数)に弱い国民性です。日本の常識レベルを期待して、がっかりしてはいけません。

人材確保で難航する覚悟が必要

人事、経理マネージャーは現地ローカルと定めされています。日本企業としては人材確保が困難です。

CSPのインドネシアビジネスソリューション

インドネシアビジネスにご興味のある方、既に進出し改善をご検討の方は是非CSPにご相談ください。
国内スタッフと現地法人スタッフが全力でサポートいたします。

CSPのインドネシアビジネスソリューション

インドネシアビジネスにご興味のある方、既に進出し改善をご検討の方は是非CSPにご相談ください。
創業以来培ったノウハウで、国内スタッフと現地法人スタッフが全力でサポートいたします。