〜日本人にとって親近感がある国〜

東南アジアで唯一独立を保ち、比較的安定し、経済発展。長期間国民生活を破壊するような紛争もなく東南アジアのなかではインフラが整備されている。また、世界的に観光地として人気が高く、日本人に馴染みがある外国の一つ。

タイの市場としての魅力

〜観光客も含めたマーケティング〜

遺跡、自然環境の観光資源、グルメや商業施設も充実している世界的な観光国。世界観光ランキングで11位(2015年世界観光協会)に位置し、タイ人のみならず世界から集まる観光客も消費者としての対象となるのが特徴です。また、失業率が0.8%(2014年,NESDB)とタイ国民の雇用環境は良く、購買力も安定しています。昨今は、サービス・飲食で起業する日本人も増加しています。



タイの生産拠点としての魅力

〜東南アジア戦略の拠点〜

日本企業の進出ラッシュも落ち着き、人件費も高騰しているため、コストメリットは薄くなっていますが、東南アジア各国への製品の生産・供給として重要な国として注目されています。東南アジアの中心に位置し、インフラも整備されているため、東南アジア全域へ輸出する際のサプライチェーンが強みです。

CSPのタイビジネスソリューション

タイビジネスにご興味のある方、既に進出し改善をご検討の方は是非CSPにご相談ください。
創業以来培ったノウハウで、国内スタッフと現地法人スタッフが全力でサポートいたします。